Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://segawaparapara.blog46.fc2.com/tb.php/230-9afdf680

-件のトラックバック

-件のコメント

[C338]

元気そうでなによりだ

[C339]

部屋からやつらが根絶やしになるか、母者の怒りが頂点に達するまでこの戦が終わることはないのだ
  • 2011-11-10
  • せがわ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

死闘

突然だが、私の部屋は汚い。特別散らかってるわけではないのだが汚い。
片付けはするんだが掃除をしない。割と整頓するんだが埃は積もってる。そんな部屋。
そして私の部屋は基本暗い。未だに裸眼で視力維持してるのが疑問でしょうがないくらいには暗い。
そんな中パソコンの明かりをさえぎる黒い生物が突然襲来してきた。

せ「久々に現れたか・・・」
G「ギギギ・・・」

別にアレを鉄拳で粉々にすることは容易い。しかし新調したでかすぎの27インチモニタにフタエノキワミアッーを打ち込むわけにもいかない。私はとりあえずモニタに吹きかけても大丈夫なのか思案しながら殺虫スプレーを調達にその場を離れた・・・

現場に帰還した私が見たのは戦場を座椅子の上に移したヤツの姿。

せ「好都合よ。そこを墓に選んだか」
G「ギギギギギ・・・・」

もはやこのスプレー缶は不要。しかしあの低位置では私の鉄拳制裁の命中率はこころもとない。
私が数ある選択肢からチョイスしたのは投擲による完全抹殺だ。
なに最盛期には130km/hくらいでてたこの私ならあの生命体の命を摘み取るに十分な威力がでる。
しかしふかふかの座り心地でお気に入りの座椅子の上では武器の選択にも慎重にならなくてはなるまい・・・
そう考えた私は、命中範囲・威力・調達の安易さからすぐ後ろにある本棚からハードカバーの本を取り出した。
幸い取り出した一冊目の本は別に私が読むわけでも興味をそそられるわけでもない本だった。

せ「さぁこの『ぼくはお城の王様だ』(著:スーザン・ヒル)であの世に送ってくれるわ」
G「ギーッギッギッギ・・・」

一投目・・・!なんと相手の圧倒的回避力により直撃せず。くそっモーションがテレフォンすぎたってのか!
しかし圧倒的質量を備えた『ぼくはお城の王様だ』は座椅子に着弾した風圧で小型の生命体を吹き飛ばす・・・!
敵はおおよそ60cm程度の距離を吹き飛ぶが、特にダメージは見受けられない。そのまま回避行動をとり部屋に置いてあった仕事の種類に隠れる・・・!

せ「愚かな・・・!私のモーションで命拾いしたものが視界を捨てるとは・・・!タヒネイ!」

再びやつに襲いかかる『ぼくはry』。圧倒的勝利!私の部屋の平和は保たれた。

今回の被害:『ぼry』が少し凹んだ+書類に少し黒い残留物が残った+暴れていた私に母者からの制裁があった
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://segawaparapara.blog46.fc2.com/tb.php/230-9afdf680

0件のトラックバック

2件のコメント

[C338]

元気そうでなによりだ

[C339]

部屋からやつらが根絶やしになるか、母者の怒りが頂点に達するまでこの戦が終わることはないのだ
  • 2011-11-10
  • せがわ
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

瀬川★蜘蛛

Author:瀬川★蜘蛛
知る人ぞ知る浮浪者「瀬川」

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。